カウンター

2019年6月19日水曜日

Influence of radiologic expertise in detecting lung tumors on chest radiographs.

今朝のJournal Clubの担当は、濵元でした。先日、石井先生の結婚式でお会いした高橋先生(放射線科医)の論文です。研修医と専門医の読影能力について差があるのか?です。最近は、簡単にCTを撮影する傾向にありますが、基本はやはりレントゲンのようです。基本を忘れずにしっかりとレントゲンを読むように心がけます!

Discussion
 研修医と専門熟練医師(胸部外科、放射線科、呼吸器内科)の比較では、予測通り専門医師がしっかりと読影できている結果でありました。研修医と比較ではなく、呼吸器専門医師と呼吸器専門以外の経験年数同じ程度の医師で比較した方が、医師診療としての経験年数バイアスは除けたかもしれない。しかし、現実的には診療科によってのバイアスも出てくる可能性もあり、教育的な意味あいで、研修医への教育の必要性を訴えるものとして、最終的な提言に繋がったと考えられます。
 呼吸器内科医師の、ミスジャッジが少なかったのがホッとした結果でもありました。
(担当;濱元、まとめ:濱元)

Abstract
目的:胸部レントゲン上の肺腫瘍の読影における放射線学的専門知識の影響を分析すること。
方法:外科的切除を受けた孤立性原発性悪性肺腫瘍の283人の患者から得られた後、胸部レントゲン写真とCT検査をで見直している。平均年齢67.0±9.1SD)歳(範囲:3388歳)の男性176人および女性107人がいた。胸部レントゲン写真の読影は、13人の1年次大学院生(PGY-1)と9人の肺専門医(3人の放射線科医、3人の胸部外科医、3人の呼吸器科医)が行った。研修生と専門家の間の検出率は、Studentt検定を使用して比較されました。
結果:検出された腫瘍の総数は
研修医群では10336.4%)から13648.1%)の範囲であり、
平均127.9±9.145.2±3.2%)、
専門家グループでは13748.4%)から18264.3%)の範囲であり
平均161.6±13.157.1±4.6%)
群間差は統計的に有意であった(P <0.001)。
10%以上の差を認めた抹消に位置する腫瘍の違いの指摘は、
(i)すりガラス陰影(GGO)比>10%かつ<70%かつ任意のサイズ
(ii)GGO比<10%かつサイズ<2センチ

縦隔、心臓または横隔膜により隠された腫瘍について
iGGO比<10%かつ<30%かつ大きさ> 3 cm
iiGGO<10%かつ大きさ> 2 cm

結論:我々の研究は、腫瘍の大きさ、GGOの程度、および腫瘍の位置に応じて、研修医と肺専門医の間での胸部X線写真での肺腫瘍の検出可能性における有意差を確認した。 




2019年6月18日火曜日

Respiratory Expert Meeting In Tokorozawa PartIII

今晩は、神戸市立医療センター中央市民病院の藤本先生と順天堂大学の宿谷先生をお招きして肺癌治療の講演をして頂きました。III期へのイミフィンジを使用しての治療戦略について藤本先生より、またEGFR-TKIの治療戦略について宿谷先生より勉強させて頂きました。防衛大川名教授はじめ、所沢中央病院の先生方や虎ノ門病院より宇留賀先生など多くの先生方が集まり勉強しております。アストラゼネカの皆さまにも大変感謝しております。ありがとうございました。





2019年6月12日水曜日

西部地区呼吸器カンファレンス

今晩は、COPDをテーマに、
開業医の立場からみるCOPD
病院勤務医から診るCOPD
救急医から診るCOPD
の3本での講演を開催致しました。
青柳先生からは、クリニックでの経験されるCOPDの3症例についてお話を頂きました。
藤倉先生からは、COPDのガイドライン含め診療上でのポイントについてのお話。
大原先生からは、埼玉県西部医療圏の救急の現状についてのお話を頂きました。







2019年6月5日水曜日

Randomized phase II study of pemetrexed or pemetrexed plus bevacizumab for elderly patients with previously untreated non-squamous non-small cell lung cancer: Results of the Lung Oncology Group in Kyushu (LOGIK1201).

薬剤部の福田先生の解説で、高齢者への治療として、Pemetrexed vs Pemetrexed + Bevacitumab併用療法のPhaseII試験です。奏功割合はよいが、PFS/OSともに変わらない結果となっています。PhaseII のため、症例数n=40想定された範囲での結果なのでしょう。Bevacitumabを併用した方が望ましいのか、Pemのみなのか?高齢者へのPemへのBev併用について、費用対効果も含め厳しい印象となった試験です。
(担当:福田、まとめ:濵元)

目的:有効性と安全性を評価するために、NSCLCの高齢患者を対象に、ペメトレキセド(Pem)対Pem +ベバシズマブ(Bev)のランダム化第II相試験を実施した。
患者と方法:適格基準:NSCLC、前治療なし、ステージIIIB / IVの疾患または術後再発、年齢:75歳以上、パフォーマンス状態(PS):0-1、および十分な骨髄機能。患者はPemまたはPem + Bevを受けるために無作為に割り付けられた(11の比率)。主要評価項目は無増悪生存期間(PFS)。副次的評価項目は、奏効率、OS、毒性、および費用対効果でした。
結果:41人の患者が登録され、40人(各グループから20人)が評価可能であった。それらの特徴は以下の通りであった:男性/女性= 2317;年齢の中央値(範囲)=7875-83)。ステージIIIB / IV /術後再発= 1/30/9。 PS0/111/29。すべての症例が腺癌を含んでいた。 PFSPemおよびPem + BevグループのPFS中央値(95%信頼区間)値に有意なグループ間差はなく、それぞれ5.43.0-7.4)と5.53.6-9.9)ヶ月でした(p = 0.66)。奏効率はPem + Bev群で有意に高く(15%対55%、p = 0.0146)、OSに有意差はありませんでした(中央値:16.016.4ヶ月、p = 0.58)。グレード34の白血球減少症、好中球減少症、血小板減少症はそれぞれ1030205555のケースで見られました。薬剤費はPem + Bevグループの方が高かった(中央値:1,522,0083,368,428 JPYp = 0.01)。治療に関連した死亡は発生しなかった。
結論:PemBevを追加しても、高齢のNSCLC患者の生存率は改善されなかった。 Pem + Bevと比較して、Pem単剤療法は生存率と同様の効果、より好ましい毒性プロファイルを有し、高齢のNSCLC患者においてより費用対効果が高かった。 Pemの単剤療法は、75歳以上のNSCLC患者に対する選択療法の1つかもしれない。



(西埼玉中央病院 呼吸器内科HPでまとめています)
 

(担当;福田、まとめ:濵元)

2019年5月29日水曜日

Timing of Renal-Replacement Therapy in Patients with Acute Kidney Injury and Sepsis

研修医1年目の中村先生が、敗血症性急性腎不全患者への早期(12時間以内)の腎代替療法導入と待機的に導入についてのNEJM論文を解説してもらいました。初の抄読会でのプレゼンは指導医井部先生の熱血指導で上手にできたでしょうか?

Discussion
 待機的にみられた群へ無作為に割り振られた患者の中でも、腎障害進行認め、腎代替療法を行わなければならない患者が存在した。その患者数は、待機的腎代替療法群149名中、49名にも上る。最終的に透析を受けていない患者としての解析であり、デザインに無理があるとも考えられる。
 言いたいこととして、シンプルに、12時間以内にあわてて腎代替療法行わなくてよいことがポイントであった。
Backgrounds
急性腎障害は、敗血症性ショックを有する患者において最も頻繁に起こる合併症であり、そして死亡の独立した危険因子である。腎代替療法は重症急性腎障害の標準治療であるが、開始の理想的な時期はControversialである。

Methods
多施設共同無作為化対照試験で、早期敗血症性ショックを有する重度の急性腎損傷を患者を、早期12時間以内に透析を行う群と48時間まで待機的に行う群とに割り当てた。Primary outcome90日での死亡である。

Results
2回目の暫定的な中間分析の後、試験は早期に中止された。合計488人の患者が無作為化を受けた。ベースライン時の特性には、グループ間の有意差はなかった。 90日後の追跡データが入手可能であった477人の患者のうち、早期戦略群の58%(239人中138人の患者)および遅延戦略群の54%(238人中128人の患者)が死亡した(p=0.38)。遅延戦略群では、38%(93例)が腎代替療法を受けなかった。緊急腎代替療法の基準は、遅延戦略群の患者の17%(41人の患者)で満たされた。

Conclusion
重症急性腎障害を有する敗血症性ショック患者では、腎代替療法の開始のための早期戦略に割り当てられた患者と遅延戦略に割り当てられた患者との間で90日時点の全死亡率に有意差はなかった。 (フランスの保健省によって資金提供された; IDEAL-ICU ClinicalTrials.gov番号、NCT01682590。)