カウンター

2021年7月8日木曜日

所沢医師会学術講演会(座長:濵元)

所沢医師会学術講演会が、コロナ禍で開催されました。第4波が収束せず、昨日には、東京には再度の緊急事態宣言が発出されています。所沢医師会主催の研究会は、コロナ禍でもWebで継続開催されていました。
ノバルティスファーマ株式会社のご支援のもと、呼吸器領域と循環器領域の2演題の講演を拝聴し、日々の臨床の糧となる勉強ができたかと思います。

第一部では、筑波大学 呼吸器内科准教授 山田 英恵先生による、喘息関連の講演でした。
気管支喘息・COPDは、病名にこだわり「ラベル貼り(確定診断を追い求める)」ことはせず、病態を把握し症状を改善することを目標にとメッセージを頂きました。その中でも、エナジアに配合されている、インダカテロール(LABA)は、他のLABA(ビランテロール、ホルモテロール等)よりも1秒量の改善のパワーが強力であり、症状改善としては大変有効な薬剤であることを再認識させて頂きました。
講演の後半では、吸入指導よりもコンプライアンスの向上を期待できるブリーズヘラー専用のデジタルデバイスを使用した、吸入管理についても最新の情報を共有できたかと思います。

第二部では、慶應大学 循環器内科専任講師 香坂 俊先生による、エンレストを中心に、心不全治療についての講演拝聴することができました。

 このような、機会を与えていただきました所沢医師会・ノバルティス社に感謝いたします。







 

2021年6月29日火曜日

with コロナ時代の喘息治療

「with コロナ時代の喘息治療」と題し、座長は防衛大川名教授に行って頂き、筑波大学檜澤伸之教授より重症喘息・抗体薬などについての講演をいただきました。「喘息は、感染症である!」という言葉に納得する点も多々あり大変勉強になる研究会でした。

ショートレクチャーでは、防衛大藤倉先生の座長にて、宮田先生よりのコロナ禍での喘息治療にフォーカスをしぼった講演もありました。

ショートレクチャー2では、西埼玉中央病院より濵元が、コロナ禍における臨床試験の取り組みについてお話をしております。

ノバルティス社のご支援にて実現できた研究会であり、今後も地域のための医療の提供できるように努めて参ります。




 (2021年6月30日;濵元)








2021年6月16日水曜日

COPD Expert Forum 2021夏

AZ社の後援にて、COPD Expert Forum 2021夏が開催されました。
今回の講演会も第4波の中開催されましたこともあり、アクリル板・各人マスク着用、そしてWebでのハイブリッド形式での開催です。ポストコロナ後、このような形式が懐かしく思えるようになれる日を期待しながら、慎重に診療・研究会等を継続していければと思います。

SessionIでは、東京病院 大島先生より、実臨床におけるCOPDの診断治療について、喘息合併ACO踏まえて講演して頂きました。
 COPD、ACOの特徴、COPDの増悪、3剤の有用性、ビレーズトリのメリットについて、詳細な講演を頂き、明日からの診療に役立てる情報をいただきました。

SessionIIにおいて、コロナ禍でのCOPDを中心とした呼吸器診療についてディスカッションをしております。
 水村医院の水村賢司先生より、COPDの診断の際、Step分けをした喘息合併COPD(ACO)の診断方法を教えていただきました。呼吸器学会のガイドもわかってはいるものの、実際の臨床の現場として活用できるものをご提示いただき、大変ためになりました。
  Step.1  問診
  Step.2  レントゲン
  Step.3  COPDの診断
  Step.4  ACOを考える

 あおやぎクリニックの青柳桂樹先生からは、実際の外来診療において、3剤使用した印象を実際の診療を動画にてみさせていただきました。即効性のあるビレーズトリの効果のよさが患者さまの発言よりよく伝わってきました。

 そして、双葉クリニックの小野田忠先生からは、3剤の吸入剤をどのように役立てるのか、実際の診療データをもとにご提示いただきました。

本日のKeyWordを一言で述べると「COPDと喘息の鑑別は難しい」になるかもしれません(個人的な見解です)。ただ、鑑別すること以上に、小野田先生の登山をしている患者の姿、そして、青柳先生の患者の生の声がとても印象に残りました。長期の感染症などの副作用を恐れてICS3剤合剤を使用しないより、積極的に3剤を使用することで、患者の満足度が向上につなげ、医療職側では、しっかりと副作用について観察していくことが望ましいのかもしれません。


講演の演者の先生方、AZ社の方々、誠にありがとうございました。
 (NHO西埼玉中央病院 呼吸器内科部長 濵元 陽一郎)







 

2021年6月9日水曜日

コロナ禍での挿管管理方法 講師:川口 慎憲(麻酔科部長)

 
2021年4月に赴任されました、麻酔科川口先生へコロナ禍の挿管操作について講演をお願いし実現いたしました。

最初は、挿管してはならない施設としての対応でしたが、実際に人の命を守る医療者として必要な場面も想定されます。その際に、安全に対処できるようにと実現した勉強会になります。

川口先生ありがとうございました。

 動画サイト:QRコード















2021年4月19日月曜日

埼玉西部喘息診療パートナリングの会

埼玉西部医療圏において、重症喘息・難治性喘息治療をいかに診療まで結びつけるかの研究会が開催されました。新型コロナ感染症 第4波の押し寄せるこの時期でもあり、Webでの配信となりました。防衛大准教授の藤倉先生の軽快な司会にて多くの学びを得ることができました。

喘息で、定期処方している患者様へ一言
「鼻閉はないですか?嗅覚はありますか?」

採血をもう一度見直し、好酸球数を確認!

まずは、上記よりみて、専門医への紹介しましょう!!となっています。
アストラゼネカ社のみなさまご支援ありがとうございました。














 


2021年4月9日金曜日

埼玉病理医の会・埼玉病理フォーラム 合同セミナー(オンライン)

病理の研究会へ、埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器内科毛利先生が発表致しました。免疫療法をより多く使用している経験のある呼吸器内科からの、臨床現場での解説をしてもらいました。毛利先生とは、昔からの知り合いでもあり今回座長に呼ばれております。とても、うれしく楽しい会で、大変勉強になりました。

中外製薬のみなさまご支援ありがとうございました。